豊胸手術のメリット

ヒアルロン酸で行う豊胸手術のメリットとは

気に入った見た目に出来る豊胸手術ですが、今回はヒアルロン酸を使って行う豊胸について紹介しましょう。まず、注入方式の豊胸手術には2つ種類があり、1つはヒアルロン酸を注入してバストサイズを上げる方法で、もう1つは自分の脂肪を採取して注入する方法です。どちらも安全な手術方法ではありますが、費用が安いという理由からヒアルロン酸注入による豊胸が人気です。しかし、ヒアルロン酸注入で豊胸した場合は維持できる期間が限られており、注入後、数ヶ月から数年かけて自分の体に吸収されてしまいます。また、注入量が多くなると費用がかかる可能性もあるので注意が必要です。ヒアルロン酸で豊胸を考えている方は、メンテナンスの問題も視野に入れて手術を行って下さいね。

脂肪注入による豊胸手術のメリットとは

注入方式の1つである脂肪注入のメリットの紹介をしましょう。脂肪注入による豊胸手術の最大のメリットは、脂肪吸引を行うので痩身効果も同時に得ることが出来るという点が挙げられます。また、いちど定着した脂肪細胞は体に吸収される事はないので、確実な効果を得られる特徴もありますね。しかし、確実な効果を得られる一方、デメリットもあるので注意して下さい。例えば、脂肪細胞の定着率には個人差があるという点です。一般的に脂肪細胞の定着率は注入量の約30%~70%と呼ばれており、一度の手術では満足な結果が得られない可能性があります。とは言え、自分の脂肪を採取して注入するので、アレルギー反応が起こる可能性が少なく、安全な施術という最大のメリットがあります。これから豊胸手術をしようと考えている方は、参考にしてみて下さいね。