豊胸手術のデメリット

注入方式で行う豊胸手術のデメリットとは?

手軽に行える注入方式の豊胸手術ですが、デメリットも少なからず存在します。今回は注入方式のデメリットについて触れていきましょう。まず、注入方式のデメリットは効果に一定の制限があるという事が挙げられるでしょう。例えば、ヒアルロン酸の場合は安全性が高い一方で、時間の経過とともに体へ吸収されるというデメリットや、アレルギー反応が起こるリスクがあります。また、同じ注入方式に位置する脂肪注入による豊胸も、せっかく注入した脂肪が定着せずに、複数回の施術が必要になってしまった…というケースがあったり、注入した脂肪が馴染まずに石灰化してしまうリスクもあります。しかし、注入方式の最大の特徴は安全性が高く、徐々に変化を加えられるという点です。これから注入方式で豊胸手術を考えている方は、これらの点に注意して手術方法を選んで下さいね。

シリコンバッグによる豊胸手術のデメリットとは?

一度で何カップもサイズアップできるシリコンバッグですが、この方法にもメリット・デメリットがありますよ。今回はデメリットについて紹介しましょう。シリコンバッグによる豊胸手術のデメリットは、挿入時に傷跡が出来てしまうという事と、ダウンタイムが必要になってしまうという点ではないでしょうか。また、ヒアルロン酸のように溶かして元に戻すことが出来ないので、取り出したい場合にも手術が必要になってしまいます。その他、異物感を感じたり、レントゲンにシリコンバッグが写りこむというケースもあります。しかし、一度の手術で大幅にサイズアップすることができ、整った形のバストが手に入るのはシリコンバッグによる豊胸手術だけです。メリットとデメリットを考慮したうえで、豊胸手術の方法を選んでみてはいかがでしょうか。