本格的なバストアップが可能「バッグ挿入法」

シリコンバッグによる豊胸手術とは?

豊胸手術と聞いてまず思いつくのは、シリコンバッグを挿入する方法ではないでしょうか?今回は本格的なバストアップが可能になる、バッグ挿入法について紹介しましょう。バッグ挿入法は、お椀型になったシリコンを胸に入れてバストアップを行う手術です。この手術方法には2通りあり、大胸筋下法と乳腺下法と呼ばれるものがあります。大胸筋下法とは、脇の下を切開してから大胸筋とバストを剥がし、その隙間にシリコンバッグを挿入する方法です。一方、乳腺下法と呼ばれる方法は乳腺下にシリコンバッグを挿入する方法です。大胸筋下法のように脇の下から挿入する事も出来ますが、バストに沿って切開し挿入する事も出来ます。場合によっては乳輪に沿って切開し、そこから挿入する場合もあります。どの手術法が適用されるかは、担当のドクターによって見解が異なります。まずは担当医と相談して決めましょう。

シリコンバッグによる豊胸手術が向いている人とは

シリコンバッグは全身麻酔による手術ですので、手術内容としてはやや大掛かりな手術です。では、どういった人がこの手術に向いているのでしょうか?シリコンバッグによる豊胸手術の特徴は、一度で2カップ以上の大幅なサイズアップが可能という特徴があります。そのため、一度の手術のみで半永久的な「理想のバスト」を希望している人に向いている手術と言えるでしょう。また、胸が全くないという方にも適用されますが、もともと胸の大きい人が更に大きくしたいという場合にも適用されるので、汎用性が高い手術とも言えます。しかし、挿入する場合にも取り除く場合にも手術が必要なので、その点には注意が必要です。シリコンバッグはお椀型が主流ですが、しずく型と呼ばれるシリコンバッグもあります。希望のバストに合わせてシリコンバッグを選びましょう。